↗ agatan blog ↗

Rust で Unix のシグナルを channel 経由でキャッチする

7/10/2017 公開

Rust

Rust でシグナルハンドリングをする必要があったのですが,あまり自分の用途にあるライブラリがなかったので作りました. 僕が Windows のことをほとんどわからないので,Windows 未対応です.

github.com

docs.rs

https://crates.io/crates/signal-notify

golang の signal.Notify に寄せた API になっていて,標準ライブラリの std::sync::mpsc::{Sender, Receiver} 経由でシグナルを待ち受けることができます.

extern crate signal\_notify;
use signal\_notify::{notify, Signal};
use std::sync::mpsc::Receiver;

fn main() {
    let rx: Receiver<Signal> = notify(&[Signal::INT, Signal::USR1]);
    for sig in rx.iter() {
        match sig {
            Signal::INT => {
                println!("Interrupted!");
                break;
            }
            Signal::USR1 => println!("Got SIGUSR1!"),
        }
    }
}

Rust で Unix シグナルを取るライブラリとしては GitHub - BurntSushi/chan-signal: Respond to OS signals with channels. というのが有名です. こちらは標準ライブラリの mpsc::channel ではなく,chan クレイトの channel を使っています. chan クレイトはケースによってはかなり便利で,

  1. 複数の consumer を作れる (receiver.clone() ができる)
  2. chan_select! マクロによって golang の select 的なことができる

という利点があります.

一方で複数 consumer にする必要がない & chan_select! が必要ないケースでは,シグナルハンドリングのためだけに chan にも依存するのもなんとなくはばかられるという気持ちがありました. また,自分の目的として「SIGWINCHSIGIO が取りたい」というのがあったのですが,chan-signal の仕組みだとデフォルトで無視されるシグナルをキャッチできない(macOS だけ)という問題もありました. 報告するときに方法を考えていたのですが,あまり自信がなかったのとほとんど完全に仕組みを書きなおす形になりそうだったので,自分の手元で std::sync::mpsc を使って実験してみたという経緯です.

仕組み

  1. 初期化時にパイプを作る
  2. シグナルごとに通知すべき Sender を覚えておく
  3. シグナルごとに sigaction でハンドラをセットする
    • シグナルが来たらそれをパイプに write(2) する
  4. シグナル待受&通知用のスレッドを起動する
    • パイプからシグナル番号を読んで,適切な Sendersend する

という仕組みで動いています. 自信がなかったのは,「シグナルハンドラでやっていいこと一覧」をちゃんと把握していないという点です. 一応 sigaction の man を見ると write は読んでもいい関数一覧にいる気がするし,実際動いてはいるのでセーフだろうと判断しました. (もしアウトだったら教えてください)

ちなみに chan-signal の方は,

  1. シグナルごとに通知すべき Sender を覚えておく
  2. 監視用スレッドを起動し,メインスレッドでは pthread_sigmask を使ってシグナルをブロックする
    • シグナルがすべて監視用スレッドに渡るようにする
  3. 監視用スレッドで sigwait して適切な Sendersend する

という仕組みで動いているようです. sigwait は指定したシグナルが投げられるまでブロックします. ただし,macOS で sigwait の man を見ると,

Processes which call sigwait() on ignored signals will wait indefinitely. Ignored signals are dropped immediately by the system, before delivery to a waiting process.

とあって,無視されるシグナルを sigwait で待っても補足できないようです. Linux の man を見るとそんなことは書いていないし,普通に動くっぽいです.

今の実装だと,シグナルを受け取る Receiver がすべて閉じても,監視スレッドは動き続けるしハンドラも残り続けるので,これはなんとかしたいなぁと思っています. アプリケーションの実行時間のうち,ある期間だけシグナルをとってそれ以外はスルーしたいというケースもそんなにないかなというのと,内部的な変更にしかならないので API が変わらないというのがあるので,この状態でとりあえず public にしました.

CLI を書いていると意外と普通に SIGINT は取りたくなることがあると思うので,ぜひ使ってみてください. issue 報告等お待ちしています.




GitHub で編集リクエスト

    このサイトはGoogle Analyticsを使用しています。

    詳しく見る

agatan

@agatan

    このサイトはGoogle Analyticsを使用しています。

    詳しく見る